-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-26 22:30 | カテゴリ:独り言
ルーシャ先生や他の先生のセッションをみて思ったのが
先生たちは学んだことが頭の中に入っています

BodyTalkの資格(CBP)を得るには
モジュール1&2を何も見ずにセッションすることが必要条件です
覚えないとゾーンに入れないんです
ゾーンに入らないとセッションの明瞭さに欠けます

私は上級モジュールの内容や解剖学、生理学など覚えていないことが多々あります
なので自分でまとめたノートをみたり、本を見たりしながらセッションしておりますが
これって左脳に記憶させていないのでセッション中にゾーンに入っていないのかもしれません

CBPになったら何を見ながらセッションしてもOK!と言われておりますが
その言葉に甘えっぱなしだと良いセッションができないのではないか?
モジュールをたくさん受講しましたが情報を集めただけに過ぎないのではなか?
と、最近思うようになりました

BodyTalkはその他の様式を使用してOKなので
色んな情報を「きっとBodyTalkに使える!」と思って集めておりましたが
それだけじゃあ私のものにはなっていないんですよね

・情報集め
・モジュール受講
・ノートまとめ etc…

これをやるのは良いことだと思いますが
色んな情報をコレクションしたに過ぎないような氣がします
私はコレクションが目的なのではなく
クライアントさんにとってより良いバランスをしたいんです!

そうするためには集めた情報、学んだことを左脳に知識として
記憶することが大切なんですよね
頭に入ったら右脳との直観もお手伝いし、明瞭さUPになります!

BodyTalkをモノにするには私にはもっとお勉強が必要ですね
より良いセッションをできるように日々勉強したいと思います!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。